#353 不要なイベントプロシージャの探し方 VBA

フォームを削除すると、そのフォームのクラスモジュールもいっしょに削除されます。しかしフォーム上のコントロールを削除してもそのイベントプロシージャは削除されません。また、コントロール名を変更して新たなイベントプロシージャを生成した場合も、前の名前を基準としたイベントプロシージャが残ってしまいます。

そのような不要となったプロシージャは、コードウィンドウ左上にある欄で見分けることができます。コードウィンドウ上のカーソルを前後に移動させていき、ここに「(General)」と表示された"イベントプロシージャらしきもの"はすべて不要です。メンテナンス性の面からも、なるべく削除してしまいましょう。ただし、Declarationsセクションやイベントプロシージャ以外のプロシージャもすべての「(General)」と表示されますので、その点は注意が必要です。

コードウィンドウ
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved