#260 発生したエラー内容を表示させる方法 VBA

エラーが発生した場合、Errオブジェクト「Description」プロパティの値を調べることによって、その内容を取得することができます。エラートラップルーチンの中でMsgBox関数と組み合わせて使うことで、その内容を画面表示させることができます。

次の例では、バイト型の変数にその範囲を越える値を代入することで強制的にエラーを発生させています。エラートラップルーチンでは、ErrオブジェクトのNumberプロパティでエラー番号も同時に取得して、エラー内容とともにメッセージ表示しています。
Sub Err_Test()

  Dim i As Byte

  On Error GoTo Err_Handler

  i = 300

Exit_Here:
  Exit Sub

Err_Handler:
  Beep
  MsgBox "予期せぬエラーが発生しました!" & vbCrLf & vbCrLf & _
          "エラー番号:" & Err.Number & vbCrLf & _
          "エラー内容:" & Err.Description, vbOKOnly + vbCritical
  Resume Exit_Here:

End Sub

実行結果
実行結果の画面
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved