#261 エラー番号に対応するエラー内容を取得するには? VBA

Error関数を使うと、エラー番号に対応したエラー内容を取得することができます。

次の例では、イミディエイトウィンドウより「?Error(6)」と入力してEnterを押しています。すると、エラー番号「6」に対応したエラー内容「オーバーフローしました。」という文章が表示されます。

実行結果の画面




| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします


Copyright © T'sWare All rights reserved