#614 DoCmd.NavigateToメソッドの使用例 VBA

Access VBAのプログラムにおいて、DoCmdオブジェクトの「NavigateTo」メソッドを使うと、ナビゲーションウィンドウ上の各オブジェクトの表示状態を設定することができます。

たとえば、特定の種類のオブジェクトだけを表示させたりといった制御を行うことができます。つまり、ナビゲーションウィンドウのタイトルバーの操作(クリックや右クリックのショートカットメニューなど)をプログラムから行うことができるわけです。

また、表示されている複数のフォームから特定のフォームのウィンドウをアクティブにするような操作と同様に、ナビゲーションウィンドウをひとつのオブジェクトとして選択することもできます。それを利用すると、ナビゲーションウィンドウ全体をプログラムから”非表示”の状態にすることができます。

それには、次のような2行のコードを実行します。

DoCmd.NavigateTo "acNavigationCategoryObjectType"
DoCmd.RunCommand acCmdWindowHide



実行例:
■実行前


■実行後
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved