#506 保存済みのインポート/エクスポートを再実行するには? VBA

Access2007では、インポートあるいはエクスポートを実行すると、その際のウィザードなどで設定した内容を保存しておき、あとで簡単にその設定に基づいてインポートやエクスポートを再実行することができます。

例:
  1. リボンより[外部データ]タブの[インポート]-[Excel]を実行する
    インポートを実行

  2. インポートが完了したら、その操作内容に名前を付けて保存する
    名前を付けて保存する

  3. リボンの[外部データ]タブの[インポート]-[保存済みのインポート操作]を選択すると、保存済みのインポート/エクスポートの一覧が表示されるので、そこから簡単に同じ処理を再実行できる
    保存済みインポート/エクスポートの一覧

一方、この保存済みインポート/エクスポートの再実行は、VBAからも行うことができます。それには、DoCmdオブジェクトの「RunSavedImportExport」メソッドを使います。

コードの記述方法は簡単です。RunSavedImportExportメソッドの引数に、保存済みのインポート/エクスポートのタスク名を指定するだけです。


DoCmd.RunSavedImportExport "インポート-会員リスト"



なお、マニュアル操作によるインポートの再実行の場合、既存テーブルがあると一応上書き確認のメッセージが表示されますが、VBAからRunSavedImportExportメソッドで実行した場合には何のメッセージも表示されずに既存テーブルが丸ごと上書きされる状態でインポート処理されます。もし既存のテーブルを編集したりしている場合には、その点に注意しなければなりません。
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved