#483 データシートの標題を変えるいくつかの方法 フォーム

フォームのデータシートビューにおいては、各列の標題(列名)は一定のルールに従って自動的に設定されます。ここではその設定パターンのいくつかを紹介します。

例として、次のようなデザインのフォームを使います。
例として使うフォーム


  • ラベルコントロールを使う方法

    データを表示するためのテキストボックスコントロールなどと親子関係にあるラベルコントロールがある場合(フィールドリストからドラッグ&ドロップした場合やリボンからテキストボックスを挿入した場合にはすでにこの関係になっています)、ラベルコントロールの「標題」プロパティの文字列がそのまま列名となります。
    ラベルの標題を設定する
    ラベルの標題が列名になる


  • テキストボックスコントロールのみを使う方法

    親子関係にあるラベルコントロールがない場合、テキストボックスコントロールだけで列名を変えることもできます。
    それには、テキストボックスコントロールの「名前」プロパティをデータシートビューで表示したい列名の文字列に設定します。
    ラベルがないデザイン
    テキストボックスの名前が列名になる


  • 「データシートの標題」プロパティを使う方法

    Access2007から使える方法として、テキストボックスコントロールの「データシートの標題」プロパティを設定する方法があります。
    プロパティシートにおいて、テキストボックスの「データシートの標題」プロパティ欄に、データシートビューに表示したい列名の文字列を書き込みます。
    データシートの標題プロパティを設定する
    設定された文字列が列名として表示される

    なおこの設定は、上記の2つの設定よりも優先的に使われます。画面の実行時に不必要なラベルコントロールを配置する必要もありませんし、テキストボックスの名前とコントロールソースを同じにしておきたい場合もありますので、そのようなときに使うとよいかもしれません。
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved