#469 分割フォームの作り方 フォーム

分割フォームAccess2007の新機能に関するトピックです。「分割フォーム」とは、Access2007で追加されたフォームの形式のひとつです。ひとつのフォームに単票形式の画面とデータシートの画面を同時に表示させることができます。


それはメイン/サブフォーム形式とは異なり、同一のテーブルやクエリをレコードソースとしたもので、レコード移動ボタンの操作によって両方の画面のレコード移動を移動させたり、データシート側で任意の行をクリックすることで単票側もそのレコードに移動させたりすることができます。

また、いずれかの画面からのデータ編集+レコード保存によって、他方の画面にもその結果が自動的に反映されますし、データシート側をある種のレコードナビゲーション用に用いるだけで編集はできないようにすることができます。

この分割フォームの作り方は非常に簡単です。
  • 新規フォームを分割フォームとして作成したい場合には、レコードソースとなるテーブルやクエリをナビゲーションウィンドウで選択したうえで、リボンの[作成]タブより[分割フォーム]ボタンをクリックするだけです。

  • 一方、これまでに単票形式のフォームが作ってある場合には、プロパティシートより「既定のビュー」プロパティを”分割フォーム”に変更するだけです。

なお、この分割フォームに関しては、次のような関連プロパティがあります。これらはプロパティシートの選択肢を見ればおおむねその機能が想像できると思います。
  • 分割フォームのサイズ
  • 分割フォームの方向
  • 分割フォームの分割バー
  • 分割フォーム データシート
  • 分割フォームの印刷
  • 分割フォームの位置の保存

「分割フォームの方向」プロパティを”データシートを上に”にした場合の例:
分割フォームの方向を設定変更したとき
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved