#391 エラー発生時にVBEウィンドウを表示させないようにするには? データベース

MDB形式のデータベースファイルの場合、特にエラーハンドリングを行っていないプロシージャでエラーが発生すると、次のようなメッセージが表示されます。
エラーメッセージ

そして、ここで[デバッグ]ボタンをクリックすると、VBEのウィンドウが開き、エラーが発生した行でプログラムが止まっているところが表示されます。
エラー時のコードウィンドウ


このエラー発生時の、VBEのコードウィンドウの表示も、「起動時の設定」で抑止することができます。
  1. Accessの[ツール]-[起動時の設定]メニューを選択します。

  2. 表示された「起動時の設定」ダイアログにおいて、「ショートカットキーを有効にする」のチェックを外します
    起動時の設定ダイアログ
この設定を行った場合、ただ単にコードウィンドウが表示されないだけでなく、エラーが無視されて走ってしまう形になります。そのため、エラーが発生しないことを十分に確認したモジュールか、あるいはエラーハンドリングの記述されたプロシージャにした上で、この設定を行った方がよいでしょう。

※あるいはファイルの形式を「.MDE」にしてしまえば、この設定によらず、VBEのウィンドウは表示されないようになります。その場合、エラーが発生した旨のメッセージだけが表示されます。
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved