#380 RGB値を指定して色のプロパティを設定する操作 フォーム

Accessの基本色にない中間的な色で、かつあらかじめその色のRGB値が分かっている場合、その値を直接指定してフォームやコントロールの色を設定するための操作手順を説明します。この方法を使うと、より細かい値による色の設定ができるようになります。
  1. まず、色を設定したいオブジェクト、例えば"フォーム"や"詳細セクション"、"コントロール"などを選択して、プロパティシートを開きます。
    対象オブジェクトを選択

  2. 続いて、プロパティシートの色に関するプロパティ(背景色や前景色など)の欄を選択します。
    プロパティシートを選択

  3. プロパティシートのその欄の右端にある[...]ボタンをクリックします。

  4. 「色の設定」ダイアログが表示されたら、[色の作成 >>]ボタンをクリックします。
    色の設定ダイアログ

  5. ダイアログ右端にある「赤(R)」・「緑(G)」・「青(U)」の各欄でRGB値を指定して[色の追加]ボタンをクリック、最後に[OK]ボタンをクリックします。
    設定完了後のフォーム
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします


Copyright © T'sWare All rights reserved