#335 ロールオーバーするボタンを作る フォーム、VBA

ホームページでよく使われているテクニック、「ロールオーバー」の機能をAccessフォームのコマンドボタンに持たせる方法です。

ロールオーバーとは、そのボタンの上にマウスのポインタを移動させると、ボタン部分の画像が変わる機能です。ボタンの画像を切り替えるテクニックとしては「#150 トグルボタンのON/OFFでピクチャを切り替える方法」で説明しているような方法もありますが、ここではAccess標準のボタンではなく、イメージコントロールをボタンとして使う方法で説明します。
  1. まず、画像を加工できるソフトを使って、通常時とマウスが移動したときの2つのボタンの画像を作成します。
    通常時のイメージマウス移動時のイメージ

  2. 続いて、それら2つの画像ファイルをイメージコントロールとしてフォームに挿入します。
    2つの画像をフォームに配置

  3. それらの2つをまったく同じ位置に配置します。
    2つの画像を同じ位置に配置

  4. マウスが移動したときの方のイメージコントロールの可視プロパティを"いいえ"に設定し、通常時は見えないようにしておきます。

  5. 最後に、次のようなイベントプロシージャをフォームのモジュールに追加します。ここでは、通常時のイメージを"imgClose"、マウス移動時のイメージを"imgClose_RO"という名前とし、またこれらのコントロールを詳細セクションに配置するものとしています。
Private Sub imgClose_MouseMove(Button As Integer, Shift As Integer, X As Single, Y As Single)
'通常表示の[閉じる]イメージにマウスが移動したとき

  '移動時のボタンを表示
  Me!imgClose_RO.Visible = True
  '通常表示のボタンを隠す
  Me!imgClose.Visible = False

End Sub

Private Sub imgClose_RO_Click()
'移動時のボタンイメージがクリックされたとき

  MsgBox "クリックされました!"

End Sub

Private Sub 詳細_MouseMove(Button As Integer, Shift As Integer, X As Single, Y As Single)
'詳細セクションの余白部分にマウスが移動したとき

  '通常表示のボタンを表示
  Me!imgClose.Visible = True
  '移動時のボタンを隠す
  Me!imgClose_RO.Visible = False

End Sub
通常時のボタン
マウスが移動してきたときのボタン
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved