#247 列の再表示ダイアログをVBAから表示させる方法 フォーム、VBA

データシートビューを使ったフォームでは、Access既定のメニューが表示されていれば、[レコード]-[列の再表示]メニューを使って「列の再表示」ダイアログを表示させ、データシート上の各列の表示/非表示を切り替えることができます。このダイアログを、画面上のコマンドボタンのクリックによって表示させる例です。数多くの列があるようなフォームでは、親切な機能ではないでしょうか。

なお、データシートビューのフォームにはコマンドボタンを配置することができませんので、ここではメイン/サブフォーム構成とし、メインフォームにコマンドボタンを配置、サブフォームをデータシートとします。また、コマンドボタンの名前を"cmd列表示切替"、サブフォームのコントロールとしての名前を"受注_sub"とします。
Private Sub cmd列表示切替_Click()

  'サブフォームにフォーカスを移動
  Me!受注_sub.SetFocus

  '列の再表示コマンドを実行
  DoCmd.RunCommand acCmdUnhideColumns

End Sub
列の再表示ダイアログを表示したところ
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved