#167 メールアドレス帳テーブルを作る テーブル

テーブルのデータ型には、お馴染みのテキスト型や数値型の他に、「ハイパーリンク型」というものがあります。これを使えば、簡単にメールアドレス帳を作成することができます。

次の図では「メールアドレス」というフィールドのデータ型を「ハイパーリンク型」に設定しているだけです。

テーブルデザイン


それだけで、テーブルのデータシートを表示すると、ご覧のようにWWWブラウザのリンク表示と同様に、メールアドレス欄に入力された文字列が青色の下線付きで表示されます。

データシートビュー



さらに、データシートから直接メールアドレスを入力するのではなく、マウスの右ボタンによって表示されるショートカットメニューの[ハイパーリンク]-[ハイパーリンクの編集]の画面からアドレスを入力することもできます。「ハイパーリンクの挿入」ダイアログ[電子メールアドレス]タブからメールアドレスを入力します。そうすることによって、メールアドレスの先頭に自動的に"mailto:"という文字が付加されます



こうして入力されたアドレスをデータシート上でクリックすれば、その宛先に対する新規送信メールが自動的に作成されるようになります。
ハイパーリンクの挿入ダイアログ

※ここでは、テーブルのデータ型の説明だけをしましたが、このテーブルを元に凝ったフォームを作れば、簡単にメールアドレス帳アプリケーションを作成したり、通常のアドレス帳アプリケーションに送信メール作成機能を付加することができると思います。 新規メールが表示されたところ
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします


Copyright © T'sWare All rights reserved