#155 コーディング作業の次回継続位置をマーキングする方法 VBA

今日どこまでモジュールのコーディング作業が進んで、次回どこからどのような作業を行うか、VBEのコードウィンドウ上に直接マーキングしておくことができます。とはいっても、VBEの「ブックマーク」機能を使うわけではありません。ただ"次回ここから"のような文章を打ち込んでおけばよいのです。

ここでのミソは、そのような文章を打ち込んだら、コメントにせず構文エラーの状態にしておくことです。するとコードウィンドウ上では、図のように、その部分が赤い色で表示されています。

構文エラーの状態

そしてそのまま、モジュールを保存してコーディング作業を完了します。


そして、この方法の一番のポイントは、次回作業開始時にまず「コンパイル」を実行することです。

コンパイルすることによって、もちろん構文エラーが発生しますが、と同時に、そのモジュールが自動的に開かれ、その行にカーソルがジャンプしてくれます。

コンパイルした後の状態

たくさんのモジュール、プロシージャを使っていても、これなら一発でマーキング個所を探すことができます。
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved