#145 フォームで既存の1レコードだけを編集したいとき フォーム

アプリケーションのマスタ編集画面などで、すべてのデータでなく、ある特定の既存レコードだけを編集したい場合があります。そのような場合には、マクロあるいは次のようなVBAのコードによって、そのレコードだけを画面表示させることができます。
DoCmd.OpenForm "顧客マスタ", , , "顧客ID=1"

しかしこれでは、既存のレコード編集だけでなく、新規レコードの追加もできてしまいます。
既存レコードを開いたところ  新しいレコードに移動したところ


これを防ぐには、フォームの"追加の許可プロパティ"を「いいえ」に設定しておきます。その状態で上記のコードを実行すると、次の画面のように、レコード移動ボタンの「新しいレコード」ボタンが使えない状態になっていることが確認できます。

追加の許可プロパティ設定後の画面


※あらかじめそのフォームの"追加の許可プロパティ"を「いいえ」に固定してしまうと困る場合には、フォームのイベントプロシージャでその設定を切り替えることもできます。詳細は「#123 レコードの編集をフォーム側で制御する方法」を参照してください。
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved