#100 FileSystemObjectでファイルの情報を列挙する方法 VBA

FileSystemObjectオブジェクトを使って、ファイルシステムのファイル情報を列挙するには、FileSystemObjectオブジェクトの"Filesコレクション"および"Fileオブジェクト"を使います。

Fileオブジェクトはある一つのファイルの情報をプロパティとして持っています。ファイルの情報とは、エクスプローラで表示されるファイルの情報と同じものです。またFilesコレクションはそれらのファイルの集まりで、あるフォルダ内のすべてのファイルの集合体です。Filesコレクションに属するすべてのFileオブジェクトを調べることによって、あるフォルダにあるすべてのファイル情報を列挙することができます。
Dim Fso As Object
Dim Fds As Object
Dim Fl As Object

Set Fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
'Cドライブのルートを対象にします
Set Fds = Fso.GetFolder("c:\")
'Filesコレクション内の各ファイルの情報を列挙します
For Each Fl In Fds.Files
  With Fl
    'ファイル名
    Debug.Print .Name,
    
    On Error Resume Next
    'ファイルの作成日時
    Debug.Print .DateCreated,
    'ファイルの最終アクセス日時
    Debug.Print .DateLastAccessed,
    'ファイルの最終更新日時
    Debug.Print .DataLastModified,
    On Error GoTo 0
    
    'パス名
    Debug.Print .Path,
    'サイズ
    Debug.Print .Size
  End With
Next Fl
※ファイルの中には作成日時が「不明」というものもあります。その場合、DateCreatedプロパティを調べようとするとエラーが発生します。ここでは On Error Resume Next を使ってそのエラーは無視するようにしています。
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします


Copyright © T'sWare All rights reserved