#079 イメージコントロールの画像を動的に替える方法 フォーム、VBA

イメージコントロールの画像を切り替えるサンプル画面イメージコントロールに表示される画像は、イメージコントロールの[Picture/ピクチャ]プロパティの値を変更することによって動的に切り替えることができます。[Picture/ピクチャ]プロパティには任意の画像ファイルのパスを設定します。

次の例では、オプショングループ"fraPictureChange"が更新されたら、つまり現在表示されている画像とは別の画像ファイルが選択されたら、そのオプションボタンの[オプション値]プロパティに対応した画像ファイルのフルパスをイメージコントロール"イメージ1"の[Picture/ピクチャ]プロパティにセットしています。なお、雲.bmp・花見.bmp・森.bmpのオプション値はそれぞれ 1、2、3となっています。
Private Sub fraPictureChange_AfterUpdate()

  Me!イメージ1.Picture = Choose(Me!fraPictureChange, _
                           "C:\WINDOWS\雲.bmp", _
                           "C:\WINDOWS\花見.bmp", _
                           "C:\WINDOWS\森.bmp")

End Sub

※このような使い方をする場合には、ディスク上にあからじめ画像ファイルが存在しているはずですから、イメージコントロールの[ピクチャタイプ]プロパティは"リンク"に設定しておいた方がいいでしょう。
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved