#069 オートナンバー型の番号を振り直す簡単な方法 テーブル

テーブルでよく主キーフィールドなどに用いられる「オートナンバー型」のフィールドは、文字通り自動的に番号が設定されて変更することはできません。レコードを削除するとその番号は欠番となりテーブル全体としては飛び飛びの番号になってしまいます。この飛び飛びとなった番号を1から振り直して、すべてが連続した番号になるようにする簡単な方法をご紹介します。
  1. テーブルのデザインを開く。
  2. 「オートナンバー型」フィールドの行全体を選択してコピーする。
  3. この行を削除する。
  4. 削除によって1行ずつ上に詰まっているので、元の位置に空の1行を挿入する。
  5. 挿入した行にコピーした内容を貼り付ける。
  6. 「オートナンバー型」フィールドが主キーであった場合には、貼り付けたフィールドを再度主キーに設定する。



| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします
 

Copyright © T'sWare All rights reserved