#058 ラベルやテキストボックスを点滅させるには? フォーム、VBA

フォームに表示されたラベルやテキストボックスを点滅させるには、フォームの[タイマ時]イベントを使って、一定時間間隔でそれらのコントロールの見せたり隠したり、つまり[可視/Visible]プロパティの"はい(True)"と"いいえ(False)"を交互に切り替えることによって実現することができます。

次の例では、[点滅開始]ボタンをクリックするとラベルが点滅し始め、[点滅終了]ボタンをクリックすると点滅が止まります。あらかじめフォームの[タイマ間隔]プロパティをゼロ以外の値にしておけば、フォームを開くと同時に点滅させるようにすることもできます。
ラベルを点滅させるサンプルフォームのデザイン Private Sub cmdStartFlush_Click()
  'ラベルの点滅を開始
    'フォームの[タイマ間隔]プロパティを0.5秒
    'に設定して0.5秒ごとにタイマ時
    'イベントを発生させるようにします
    Me.TimerInterval = 500

  End Sub

  Private Sub cmdEndFlush_Click()
  'ラベルの点滅を終了
    'フォームの[タイマ間隔]プロパティをゼロに
    'することによってタイマ時イベントを
    '発生させないようにします
    Me.TimerInterval = 0

  End Sub

  Private Sub Form_Timer()
   'ラベルを点滅
    '現在のラベルの[可視]プロパティの設定を反対にします
    '  ("はい"なら"いいえ"に、"いいえ"なら"はい"に)
    lblFlush.Visible = Not lblFlush.Visible

  End Sub
| Index | Prev | Next |

この情報は参考になりましたか?、問題は解決しましたか?、もしまだなら......
T'sWareのワンポイトテクニカルアドバイスをご利用ください。3000円/件〜でご支援します。
スタンドアロンからSQL Server対応まで、オーダーメイドのシステムを短納期・安価でお届けします


Copyright © T'sWare All rights reserved