バックナンバー
このページは、1つのテーマに沿って、Accessによる開発テクニックやヒントを解説するページです。

このシリーズでは、すでに作成されているスタンドアロン用のAccessのデータベースをSQL Server上に移行する際の、作業過程を実例として紹介します。アップサイジングウィザードの使用手順や、ADP(Accessプロジェクト)形式への変更に伴う改変作業、あるいはADPの機能を活かすための変更点等について説明します。

タイトル 掲載日
1.本シリーズの概要 2011/01/15
2.アップサイジングウィザードの実行 2011/01/15
3.ビューとテーブル値関数の統合 2011/01/22
4.アクションクエリのストアドプロシージャ化 2011/01/22
5.VBAプログラムのDAOからADOへの変更 2011/01/22
6.フォーム/レポートの動作テスト(1) 2011/01/29
7.フォーム/レポートの動作テスト(2) 2011/01/29
8.複数ユーザー利用を考慮したシステム変更 2011/01/29


ここでご紹介した内容を使用したことによる損害に対しては一切責任は負えません。
すべてAccess2007、SQL Server2005を前提に作成しています。その他のバージョンについては動作確認しておりません。
ここでの方法やコードは、唯一あるいは最適なものであると保証するものではありません。

Copyright © T'sWare All rights reserved