Access2003アドインツール T'sKit  Ver 3.00

Access2003アドインツール「T'sKit」は、Microsoft®Access2003によるアプリケーション開発を効率化するためのアドインツール"Kit"です。フォーム/レポートのデザインやモジュールのコーディング作業を中心とした、Access2003を便利にする29種類のツールから構成されています。


ツール一覧

■データベースツール データベースツールバー
オブジェクトツリー表示 テーブル/クエリー/フォーム/レポート/マクロ/モジュール、さらにその下位のフィールドやコントロールなどのAccess2003のオブジェクト名をツリー表示します。さらに表示された内容はテキストボックスにも一覧表示され、クリップボードにまとめてコピーすることができます。 画面イメージ
オブジェクト一括オープン テーブル/クエリー/フォーム/レポート/マクロ/モジュールといったAccess2003の各オブジェクト内のすべてまたは任意のオブジェクトを一括して開きます。 画面イメージ
オブジェクト一括クローズ 現在開かれている、テーブル/クエリー/フォーム/レポート/マクロ/モジュールといったAccess2003のオブジェクトをすべて閉じます。
オブジェクト説明プロパティ一括変更 Access2003のデータベースウィンドウの詳細表示モードで表示される、各オブジェクトの「説明」プロパティ(説明文)を一括して表示・変更します。 画面イメージ
オブジェクト作成日時一括変更 Access2003のデータベースウィンドウの詳細表示モードで表示される、各オブジェクトの「更新日時」と「作成日時」プロパティを一括して現在日時に変更します。
オブジェクト条件削除 テーブル/クエリー/フォーム/レポート/マクロ/モジュールといったAccess2003のオブジェクトを、オブジェクトの名前や更新日時・作成日時などの条件によって、一括して削除します。 画面イメージ
MDB更新日時検索 複数のMDBファイルについて、テーブル/クエリー/フォーム/レポート/マクロ/モジュールといったAccess2003のオブジェクトごとの更新日時を調べ、その中で最も最近の更新日時をそのMDBファイルの最終更新日時として一覧表示します。 画面イメージ
最適化/修復一括実行 複数のMDBファイルを一括して修復/最適化します。 画面イメージ

■テーブル/クエリーツール テーブル/クエリーツールバー
SQLエディタ すべてのクエリーについて、SQLビューに表示されるSQL文を一括して表示・編集します。 画面イメージ
データ定義クエリー生成 既存のテーブルのデザイン内容から、そのテーブルをクエリーによって新規作成するための「データ定義クエリー」を自動生成します。 画面イメージ
テーブル/クエリー比較 2つのテーブルまたはクエリーのレコードの内容(データ)を比較し、相違点を一覧表示します。 画面イメージ

■フォーム/レポートデザインツール フォーム/レポートデザインツールバー
コントロール選択 テキストボックスやリストボックスなど、指定した種類のすべてのコントロールを選択状態にします。 画面イメージ
プロパティコピー コントロールからコントロールへすべてのプロパティをコピー、貼り付けします。
プロパティ一括変更 任意のフォーム/レポート・コントロール種類に対して、特定のプロパティを指定の値に一括して変更します。また、特定のプロパティの現在の値を一覧表示して編集、一括変更することもできます。 画面イメージ
コントロールテンプレート 複数のコントロールについて、すべてのプロパティやイベントプロシージャを1まとめにしてテンプレートとして保存します。さらに保存されたテンプレートを使って、複数のコントロールを同じプロパティで任意のフォームに貼り付けることができます。 画面イメージ
コントロール名連番変更 既存の複数コントロールの名前を別の連番に変更します。また、標題やコントロールソースプロパティを持つコントロールについてはそれらも連番に変更することができます。
コントロール等間拡大/縮小 選択された複数のコントロールについて、各コントロール間の間隔は同じままで、コントロールの大きさを変更します。 画面イメージ
コントロール等比拡大/縮小 選択された複数のコントロールについて、各コントロールのサイズとコントロール間隔との比率に保ったままで、コントロールの大きさを変更します。 画面イメージ
コントロール直線配置 ばらばらの位置に配置されている複数のコントロールを、縦方向または横方向一列に、直線状に並べ替えます。 画面イメージ
コントロール間隔削除 複数コントロールの間隔を削除します。 画面イメージ

■モジュールコーディングツール モジュールコーディングツールバー
オブジェクトジャンプ モジュール上に記述されたオブジェクト名の文字列から、対応するテーブル/クエリー/フォーム/レポート/モジュールの各オブジェクトをデザインビューで開きます。 説明
イコール式左右交換 コード上のイコール式(代入ステートメント)の右辺と左辺を交換し、クリップボードにコピーします。 説明
コード一括挿入 任意のフォーム/レポートのクラスモジュールや標準モジュールに対して、同じコードを一括して挿入します。 画面イメージ
コードライブラリ よく使うモジュールの一連のコードをテキストベースのライブラリとして保存します。さらに保存したコードを呼び出して、任意のモジュールに貼り付けて再利用することができます。 画面イメージ
テーブルアクセスコード生成 既存のテーブル構造(フィールド構成)を解析して、データ読み込み、レコード更新、レコード追加など、テーブルにアクセスためのVBAコードのスケルトンを生成します。 画面イメージ
イベントプロシージャ付きコントロールコピー コントロールのデザインだけでなく、イベントプロシージャも含めてコントロールをコピーし、フォームやレポートに貼り付けを行います。
コメント抜き出し モジュール上に記述されたコメント文だけを抜き出して表示します。 画面イメージ
外部エディタ起動 モジュール上で選択されている文字列をクリップボードにコピーし、メモ帳やテキストエディタなど、指定の外部アプリケーションに貼り付け、印刷するという一連の作業を自動的に行います。 画面イメージ
クリップメモ Accessの子ウィンドウとして表示される簡単なメモ書きツールです。 画面イメージ



シェアウェアについて

T'sKit はシェアウェアです。試用の範囲を越え継続的に使用される場合には、使用料(2,000円)を送金の上、ユーザー登録を行って下さい。送金につきましては次のいずれかをご利用ください。
  • ベクターシェアレジ SR021795 ベクターシェアレジ
    ※シェアレジは旧バージョンの「Access2000用 T'sKit (Ver2.00)」と共通です(パスワードも共通です)。
  • 銀行振込
  • 郵便振替


動作に必要なソフト

T'sKitをご使用になるにはAccess2003ならびにCOMCTL32.OCXが必要です。

インストール方法、その他の詳細については、同梱されている TsKit.CHM を参照して下さい。

Access2000用には 「T'sKit Ver2.00」 をご利用ください。
Access97用には 「T'sKit Ver1.20」 をご利用ください。


ダウンロード

 ダウンロード (TKIT300.LZH、446,451 バイトあります)




 


Copyright © T'sWare All rights reserved