検索パネルテンプレート

『検索パネルテンプレート』は、データを段階的に絞り込んでいき、詳細結果を一覧表示するような、パネル操作を前提としたAccess2010用のデータベースの汎用テンプレートです。基本となるテーブル内容だけを直接書き換えることによって、絞り込み検索のさまざまな用途にアレンジすることができます。


特徴

本データベースはaccde形式のファイルとなっているためフォームやプログラム等を変更することはできませんが、基本となるテーブルに保存されているデータは自由に差し替えることができます。

それによって、アプリケーション名を変えたり、検索対象とするデータを変えたり、絞り込みの各ステップでボタンとして表示される選択肢の内容を自由にアレンジすることができます。

たとえば、テーブル内容をまったく異なるものに変えることによって、『図書検索システム』にしたり、『商品検索システム』にしたり、『顧客検索システム』にしたりすることができます。


ダウンロードできる配布ファイルでは、そのサンプルとして、ほんの少量ですが、『郵便番号検索システム』としてのデータが登録されています。一例としてその画面の流れを紹介します。

【tblデータ テーブルに保存されているデータ】

※データ登録を簡単にするためあえてテーブルは正規化されていません。ボタンの表示も明細表示もすべてこのテーブルのみで処理しています。

【tblオプション テーブルに保存されているデータ】


【起動後の画面の流れの例】
  1. 起動するとまず、ディスプレイいっぱいに全画面化された画面が表示され、「tblデータ」テーブルの「大分類」フィールドに保存されているデータの一覧が選択肢のボタンとして表示されます。また画面上部に「tblオプション」に保存されているアプリケーション名が表示されます。


  2. 「大分類」の任意のボタンをクリックすると、「tblデータ」テーブルよりその大分類に属するレコードが絞り込まれ、その「中分類」フィールドのデータの一覧が選択肢のボタンとして表示されます。


  3. 「中分類」の任意のボタンをクリックすると、「tblデータ」テーブルよりその大分類/中分類に属するレコードが絞り込まれ、その「小分類」フィールドのデータの一覧が選択肢のボタンとして表示されます。


  4. さらに「小分類」の任意のボタンをクリックすると、「tblデータ」テーブルよりその大分類/中分類/小分類に属するレコードが絞り込まれ、その「タイトル」フィールドのデータが画面に一覧表示されます。


  5. 「タイトル」一覧の任意の行の[詳細をみる]ボタンをクリックすると、そのタイトルに関する「説明文」フィールドのデータや、「写真パス」フィールドに保存されたデータにリンクした画像ファイルが単票形式で表示されます。
※パネル用画面としているため、ユーザーの一般的な操作では画面が閉じられないようにしています。起動時にもメッセージボックスで表示されますが、本データベースを終了するには最初に表示される画面で Ctrl+Shift+Xキー を押してください。



テーブルアレンジの手順

  1. まずAccessを単体で起動します。

  2. Accessのリボンの[ファイル]タブより[開く]メニューを選択します。

  3. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されたら、本データベースファイル「検索パネル.accde」を選択します。

  4. ダイアログの[開く]ボタンをShiftキーを押しながらクリックします。
    もしそのあと、「セキュリティ警告」の画面が表示されたときには、そこでもShiftキーを押しながら[開く]ボタンをクリックします。

  5. まずナビゲーションウィンドウより「tblオプション」テーブルを開き、「アプリケーション名」フィールドの内容を任意のアプリケーション名に書き換えます。

  6. 次に、「tblデータ」テーブルを開きます。

  7. サンプルデータがすでに登録されているので、いったん全レコードを削除します。

  8. サンプルデータを参考に、検索対象となる任意のデータを登録します。
    1件ずつ入力してもかまいませんが、事前にExcelなどでデータを整理しておき、コピー&ペーストするとよいかもしれません。

    ※大分類/中分類/小分類の各選択画面に表示されるボタンの数は最大8ケまでとなっています。抽出結果のレコード数がそれ以下の場合はそのボタンは非表示となります。また8ケを超えるデータがテーブルに保存されている場合には警告メッセージが表示され画面は表示されません。「tblデータ」にデータ登録する際の制限事項として留意してください。

    ※大分類/中分類/小分類の抽出では、テーブルには数値型の”コード”は持っていないので、”テキスト”を対象に処理されます。したがって、1文字違うだけでも別データとして扱われる場合がありますので、その点も留意してデータ登録を行ってください。

  9. それらの作業が完了したら、データベースを再起動して、動作を確認します。


動作に必要なソフト

本データベースをご利用になるには、Access2010が必要です。Access2007以前のバージョンでは使えません。

また、ディスプレイの設定として、「1280×768」の解像度を前提としています。それ以外の解像度の場合、すべてが表示し切れなかったり必要以上に余白が表示されることがあります。



ご利用条件等

  • 本データベースはフリーウェアです。自由にお使いください。
  • ただし、使用に関しての一切の保証はできかねますので、ご自分の責任においてご利用ください。
  • Access自体の操作やテーブルアレンジ等に関するサポートはできません。もし必要な場合には別途有償でのご対応となります。
もし気に入っていただき、”画面デザインを変えたい”、”ボタンの数をふやしたい”、”別の解像度でフィットするようにしたい”、その他”もっとデータベースをカスタマイズしたい”といった方には、別途有償(9,800円)にてソースファイルをご提供しております。ご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。



ダウンロード

ダウンロード (SRCHPNL100.ZIP、230,747バイトあります)




 


Copyright © T'sWare All rights reserved