汎用InputBoxクラス

VBA標準のInputBox関数を補完する目的で作った、汎用的に使えるInputBoxクラス(フォームモジュール)です。


特 徴

  • 標題やメッセージを設定できます。
  • デフォルトの入力値を指定できます。
  • 押されたボタン(OKまたはキャンセル)を取得できます。
  • 長さゼロの文字列が入力されたのか、キャンセルボタンが押されたのかを判別することができます。
  • Accessで、テーブル名やフォーム名などを指定するときのダイアログのようなスタイルのフォームとして使うことができます。
  • VBA標準のInputBox関数のようなスタイルのフォームとして使うこともできます。
  • 通常のフォームですので、フォームが持つプロパティやメソッドも併用することができます。
プロパティ Title 入力ダイアログの標題を設定します。
Message メッセージを設定します。
MessageHeight メッセージ領域の高さをcmで設定します。
Value 入力された文字列を返します。デフォルトの文字列を設定することもできます。
Button 押されたボタン(OKまたはキャンセル)を返します。
メソッド Show 入力ダイアログを表示します。


使用例

使用例1
使用例2
使用例3


使い方

データベースの中に実行例を示したフォーム"frm使用例"が付いています。そのフォームを使って、どのような使い方ができるかを確認していただくとともに、そのモジュールの記述を参照することによって、各プロパティやメソッドの使い方を知ることができます。それらのコードをご自分のモジュールに応用してご利用ください。

※ご自分のデータベースでこのフォームを使うには、フォーム"tsInputBox"だけをエクスポートまたはインポートしてください。
※フォームのデザインやソースコードが公開されています。フォームのデザインが気に入らなかったり、機能変更や新たな機能追加を行いたい場合には、自由にカスタマイズしてください。



ダウンロード

ダウンロード (INPUTBOX.LZH、36,025 バイトあります)




 


Copyright © T'sWare All rights reserved